ペイントホームズ
仙南店

油性塗料と水性塗料、その違いをご存じですか?

外壁塗装に使われる塗料には、主に水性塗料と油性塗料の2種類があります。

しかしこれらの塗料はどのように違うのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

塗料は油性(溶剤)塗料と水性塗料に分けられる

塗料にはシリコンやウレタン、そして断熱や遮熱など非常に多くの種類があります。そしてどの塗料にも水性塗料と油性塗料の違いがあります。

塗料の中に含まれている顔料や樹脂、添加物は液体ではなく固体です。この個体を液体で溶かします。そして壁に塗って乾かし、溶かした液体を蒸発させることで壁に密着させることが出来ます。このときに塗料を溶かすのがシンナーなどの溶剤で溶かすのであれば「油性塗料」、水であれば「水性塗料」となります。

水性塗料は人体への悪影響や臭いは少ないのですが耐久性がやや劣ります。油性塗料の方が塗料の効果の持ちが長く、水性塗料に比べて耐久性や防水性にとても優れています。しかし油性塗料のデメリットとして臭いがあります。飛散防止ネットなどで建物を覆って作業をしますので、どうしても臭いが籠ってしまいます。臭いがどうしても気になるという方は、水性塗料を使用されるのをおすすめします。

また、塗装する部分によっても選択する塗料は異なります。

屋根は住宅の中で最もダメージを受ける箇所なので、やはり耐久性の高い油性塗料が選ばれています。付帯でも塗装する箇所によって変わってきますので、業者と相談をし、その箇所ごとにベストな塗料を選ぶことが大切です。