外壁の劣化は、建物全体の耐久性に関わってきます。

外的要因はもちろん、経年劣化は避けて通れません。

今回はそんな建物の劣化問題についてお話ししたいと思います。

【ひび割れ(クラック)】

クラックとは、壁にヒビ割れが入る現象です。

主に地震、地盤沈下などによる揺れなど建物に外的から強い圧力が加わることによって発生するひび割れです。

0.3㎜未満の細かなひび割れであれば、経過観察だけでも十分であるとされています。

ですが、それ以上のひび割れは、そのままにしておくと雨漏りや湿気によるカビの発生や建物の強度も落ち、危険な状態になってしまいます。

【剥がれ・膨れ】

塗膜が十分に密着しておらず、結果として塗膜に剥離や浮きが発生している状態です。

この密着不良は、経年劣化や天候などの周辺環境で起こる場合があります。

ひび割れと同じく、この症状が出てくると雨水の侵入に繋がり建物の内部までダメージが及んでしまいます。

放置してしまうと範囲が広がり、雨水の侵入も出てきます。

見つけ次第、早めの補修をおすすめします。

どんなに高価な塗料を使用したとしても、置かれた環境や、建物の立地、自然災害によって劣化具合は変わります。

劣化の種類や原因を知ることで、適切な対処が出来るようになるでしょう。