塗料には、油性と水性の2種類があります。特に水性の塗料はメリットの豊富さから近年話題で注目されている塗料です。どのあたりが注目されているのか、この記事で見ていきたいと思います。

まず、水性塗料は希釈に水を使います。そのため、あの独特なシンナー臭が無く環境にもとても優しい塗料です。

水性塗料は、VOC(揮発性有機化合物)を減らすことで、環境に優しい塗料の開発が進んだことにより登場しました。水性塗料は、シンナーではなく水で希釈することで、溶剤塗料に比べて大幅なVOC削減効果があります。しかし、水性塗料は臭いが少なく安全ですが、完全に無臭ではないため、換気が必要です。

水性塗料のメリット

・臭いが少ない

・シンナーを使用しないため近所迷惑や住む人の害になりにくい(無害ではない)

・現場での保管が楽

・害が少ないので置いておいても危険が少ない

・油性塗料よりも価格が少し安い

水性塗料の主成分は、水とされているので一般的には非危険物扱いとされています。引火の心配がないため、安全性が高く、DIY用途にも広く利用されています。ただし、耐久性は油性塗料に比べて劣ります。

塗装工事の際にはプロに相談しながら、水性塗料を使うのか、油性塗料を使うのか決めるといいでしょう。