塗装と聞くと、外壁にばかりついつい目が行ってしまいがちですが、付帯部分の色を変えるだけでも建物の印象はガラッと変わります。

付帯部分とはどこのことを指すのかというと、軒天・雨樋・破風板・雨戸・水切りなどの部位のことを指します。

付帯塗装のオススメとしては、サッシの色に合わせることです。

サッシは外壁塗装で触れない部分です。

この部分と付帯の色を統一すると、一体感がありオシャレな仕上がりになります。

サッシの色が黒なら付帯も黒に、サッシが白であれば付帯も白に。

これだけでも統一感が生まれ、まとまりがよくなります。

反対に、サッシと各付帯の色がバラバラであればどうなるでしょう。

建物に統一感が見られず、なんだかゴチャゴチャした印象になります。

付帯の面積は、外壁に比べるととても小さい面積です。

ですが、建物全体として見たときに、スッキリとオシャレに見えるようにするためには外せない箇所になります。

付帯はなんでもいいや、と投げやりにならず、付帯こそ拘ってみるのは如何でしょうか?